アドセンス極める 大量クリックされる記事ネタ・カテゴリとは?

アドセンスってのは クリックされただけで100円、200円が

チャリンとあなたの銀行口座に振り込まれるネットの仕事だ。

 

アドセンスで稼げない記事ネタ・カテゴリとは?

・ある特定のことがしたい場合のノウハウ、ハウツー記事

・稼ぐ系の記事

・特定ビジネス、副業の詳しい記事

・単なる調べモノの答えが書いてる記事

特に

ある特定の人間のことが知りたいと思ってるユーザーは確実にクリックしない。

 

上記はほとんどクリックされない。

なんで?

それは

広告に表示されてるテーマ、中身より

今見てるサイト記事のほうが重要だと考えてるから。

広告押してる暇なんかないからだ。

 

もう一度見てほしい

・ある特定のことがしたい場合のノウハウ、ハウツー記事

・稼ぐ系の記事

・特定ビジネス、副業の詳しい記事

・単なる調べモノの答えが書いてる記事

特に重要なのが

ある特定の人間のことが知りたいと思ってるユーザーは確実にクリックしない。

 

あなたはアドセンスで稼ぐ方法に興味がある

だったらこうだ。

ワードプレス、サイト作成で ネット検索をかけることがあるだろう。

仮に

ワードプレスの使い方、サイトの見せ方、設定で検索して あるサイトをクリック、

記事を読んだ

何したらいいか? ちゃんと書いてあった

 

そしたら?

あなたは満足だ。

広告押してる暇はない。

なぜなら

今パソコンで その作業がしたい、やり方がわからんから そのサイトを見ただけ。

広告押す時間などないのだ。

 

上記の記事を見たい人は 広告なんか邪魔なだけ。

あなたの記事を読んだユーザーが

「ええこと書いてあったわ ありがとう、広告クリックしたら あなたにお金が入るんですよね?

いいねボタン押す感覚で押しときますね」

果たして こう思うのか?

思うとしたら

あなたはよっぽど 暇人だ。

 

アドセンスで稼げる記事ネタ・カテゴリとは?

ずばり パフォーマンス業のカテゴリだ。

・TVタレント

・TV 映画 漫画のネタバレ、ストーリー、感想

・広く知られる著名人

・ユーチューバー

・パチンコ・スロットタレント

 

第二のネタ 生粋の趣味系

・パチンコ、スロット、競馬の実践記録とか

 

よく見てください。

何のために上の記事をネットで見るんですか?

目的なんかない。

暇やから見てる、好きやから見てるんです。

※夜寝る前とか 何もすることない、やりとりする友達が居ないから

暇やから 押し売りされる広告をクリックしてくれるんです。

※ユーチューブ、アドセンス等の広告は 主に10代、20代が見てるんです。

 

アドセンスの仕事をやるということは

暇人の動向、思考、知りたいことに合わせるってことです。

 

以上

寺本考志

 

   
 

寺本考志の紹介(^O^)

【資格試験方面】

・高卒

・10代の頃は 僕が大人になったら松雪泰子さんと結婚できると本気で信じてた

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座


  【寺本コラム 講師業=ライター業は同じという考え】

会社や個人に呼ばれる仕事 誰かを教える仕事
それが成立するのは
ネットで記事を書くことです。
ネットで記事を書くってことは サイトホームページの仕組みを ある程度分からなきゃいけません。
ネットで記事を書かなきゃ 誰も自分のことに気づかないから。

ということは結局?

「ライターの仕事は 記事だけ書いてたらいい」
「講師の仕事は 人に口で説明できたらいい 集団の前で話せたらいい」
2019年で そんな単純な仕事の構図はありえない。

個人や会社に呼ばれたい?
教えたい?
自身の望みを叶えたい?
私の場合、自分でネット記事を書くしかなかった、
そう、自分で自分の売り込みするしかない時代なのだ。
オフライン(現実世界)の世界だけで必死でがんばっても無駄な時代だということだ。

  以上

今ゆったことの実体験・ノウハウで、

使えるところだけをサイト記事にしていきたいと思います。



→【寺本への仕事依頼・相談はこちらからどうぞ!】

こちら大阪ですが 全国どこの方でもかまいません。
個人・法人問わず 具体的に聞きたいことがあれば
いつでも気軽にメールしてくださいね(^O^)
いちいち言うまでもありませんが
個人情報や秘密にしたいことがあっても それ込みで相談・依頼を受けますので安心してください

 
[寺本考志のサイト紹介]

→ 宅建ブログ

→ 行政書士ブログ