カテゴリー別アーカイブ: ヤフーPPC広告 やり方

検索1ページ目に自分サイトを表示する方法とは?

ヤフーPPC広告 やり方

検索1ページ目に独自サイトを上位表示したい? 私が持っているサイトで5年動いているページがある。 15〜20ページらいがずーととアクセスが来る だが、新規ページ作っても来ない   要は? そのずーとアクセスアクセスするページを修正・追加すればいい 「新記事を書くためにはいアクセス増加した」 ありえないのだ。   他人が検索1ページ目に来るサイトの理由  ・代理店があって、代理店のサイトから腐る手順リンクもまってる ・更新作業が個人のこいかい稼ぎレベルでなく法人事業レベルでバイトコードって毎日記事量産してる ・金使って毎日リンクをつけてる。   ということは? 個人レベルでがんばっても無駄、勝てない。 法人レベルと同じことやろうと思うこと自分が誤ち。   検索1ページ目に独自サイトを上位表示するために サイトクリーナーキーワードをとる必要はあるか?   ある!て思うから 時間と労働力と金がなくなる。 すなわち グーグルに認めてもらって検索上位表示を狙うことを 金輪際捨ててるのだ。   結論 「検索1ページ目に自分たちのサイトを上位表示したい?」 この悩み自分が死語なのだ。 この悩みを捨てられない理由は 「記事書いて金儲け」 金が一番からからないからだ。 そうではありません。   ネットビジネスってのは競争してるんです。 あなたと同じ仕事をやってる人は腐るほどあります。 であるならば? 金使ってアクセスを買うに限るのです。 どうやって? ヤフー広告に金払う 金払って一瞬で検索1ページ目に表示される、 アクセスが大量にくる、分析も簡単 コレが一番オススメです。   問題は? ヤフー広告のやり方、分析法、コツですね。   以上   続きを読む

ヤフー広告 自力で売れるキーワードリサーチ? たった2つのポイント

ヤフーPPC広告 やり方

あなたが 検索キーワードのリサーチしたり、 広告出向の画面をみたことがあるなら 下記のようなワードの塊をエクセルでパソコンにおいてるだろう   「結婚 相談所 婚活 会員 成婚 サポート 料金 東京 お見合い 費用 支社 サイト 比較 入会 月会費 口コミ 初期 紹介 プラン 一覧 男性 女性」   これは 結婚相談所のネット部門の人、 結婚相談所のアフィリエイトしてる人が見たことがあるキーワードだ。 あなたが結婚商材でなく 他のカテゴリ、商材でヤフー広告出したいとおもってても同じ。   何が同じ? あなたは 死ぬほど時間を使ってキーワードを研究してるつもりが 結果、 ・パソコンに ワケのわからんワードが貯まっていくだけ。 ・時間が死ぬほどかかるうえに 結果が出ない ・広告出稿したら 金が毎日減るだけで問い合わせも入金もない   それがあなただ。 上記のはなしが あなたに当てはまる時点で すでに勝負はついてるのだ。   売れるキーワードリサーチとは何か? それは ・売れない検索ワードを除外すること ・ユーザーがスマホを見る前に思ってることと 商材コンバージョンリンクを踏むまで、踏んだ後 一直線にすることだ。   たったこれだけ。   あなたはこれまで ネットでヤフー広告で稼ぐ方法のネタやノウハウに金払ったり ITコンサル業者に金払って代行してもらったりしてきただろうが そのすべてがデタラメなのだ。 なんで? ネットや業者がゆってるキーワードリサーチ方法は 絶対に一人でできないから。 作業員、従業員雇ってのはなし、中堅どころ以上の会社しかやれない話なのに あなたが信じてるから。   以上    続きを読む

ppcヤフー広告「極める」 売れる検索キーワード発見方法 実践記録#1 「意味が広いと狭いの違いとは?」

ヤフーPPC広告 やり方

検索ワードをヤフー広告等で買う場合 一番最初に考えなきゃいけない基準は 「ワードの意味が広いか? 狭いか?」 必ず ここから始まる。   私のやってる資格試験の商材で解説しよう 私は 宅建、行政書士の教材、講座をネットで提供してる。 もちろん、目の前で個人指導、集団指導もすることがあるが 今の主流は 自宅学習だ。   あなたが 宅建士の資格を取りたいとネット検索したとしよう。 「勉強のやり方がわからん、間違えてるんじゃないか? 合格者は どうやって勉強してるんだろ・・」 こう思ったとしよう スマホで打つ検索ワードは?   1資格試験 合格勉強法 2宅建 勉強方法   こうゆうワードを打つだろう。 1資格試験 合格勉強法 2宅建 勉強方法   あなたはどっちが見たい? 2に決まってる。 1が見たいというのは それは 資格試験に共通の勉強法であり、資格マニアが探す、 または 私と同じように受験生相手にビジネスしたいと考える人が探すのだ。 さらに言えば 何かを販売してるサイトが見たいのではなく 資格合格者や個人が書いてるブログで 記事が見たいだけなのだ。   キーワードのレベルを考える   さて 次の問題 1宅建 勉強方法 2宅建 民法 勉強法   どっちのほうが意味が狭いだろうか? もちろん2だ。   何がいいたいか? 資格試験には 科目がある。 1宅建 勉強方法 とネット検索した人がいたら 「何の科目で困ってるのか?」 わからんのだ。   あなたが 宅建 科目 民法の教材を作ったとして それを売りたいと思って 宅建民法教材を売ってるサイトを作り、 ヤフー広告で 「宅建 勉強方法」 というワードを買ったとしよう。 ※PPC広告とは クリックされたときに金を払わなきゃいけない。   あるユーザーが 「宅建 勉強方法」で検索して あなたのヤフー広告をクリックして あなたの宅建科目 民法教材を売ってるサイトを見たとしよう。 もし そのユーザーが困ってるのは 宅建科目の民法でなく 他の科目であれば? 「どうでもええわい」 ゆわれて終わり。 興味をもってくれる確率は低いのだ。 なぜなら 検索ユーザーは 今自分がみたいものだけを見たいから。 それと違うもののサイトに入れば 高確率で離脱する 再検索すれば 自分が見たいサイト、情報が速攻で見れる、 それを知ってるからだ。   総括 ・あなたが自分でビジネスやってて 自分の商材を持ってる ・アフィリエイトで他人商材を紹介して 中間マージンをもらいたい どっちであろうとも 買ってもらいたい商材に 一番近しいキーワードを広告で買わなければいけない。 意味が広いキーワードに広告出しても クリックしたユーザーが商材を買ってくれる確率は異常に低い。 これは絶対に知ってなきゃいけないこと。   以上 寺本考志      続きを読む

【ヤフーPPC広告やり方】売れるキーワード、売れないキーワードのデータ取りとは?

ヤフーPPC広告 やり方

ヤフーの検索画面で なんでもいいからワード検索すると広告が出る。   検索1ページ目に出るサイト数は? ・広告サイト3 ・通常サイト10 ・広告サイト3 ※数は変動する、スマホとPC閲覧でぜんぜんちがう。   ユーザーが検索したときの 一番最初のページに広告を載せることをPPC広告と呼ぶ。   広告順位が上に来るか下に来るかは 入札システム。 ワンクリックされたらヤフーに100円取られると思えばいい。   ここに金を払って 自分の作ったホームページにアクセスを呼ぶこと それをやらなきゃネットで仕事はできない。   ※PPC広告と呼ぶ。 ※もちろん、話の続きはある ワンクリック25-30円にする方法はある。それは次回   ところで 「記事タイトルに なんのワードが入ってるかが重要」 本やネット記事で見かけませんか?   もっと正確に言うと ・ある商材が売れるワード ・ある商材が売れないワード 最初から決まってるってこと。   もちろん、 各カテゴリ 各商材で その売れるワード、売れないワードのデータは出し尽くされてる、 出し尽くされてるからこそ? それを知ってなきゃ話にならん。 そのデータに逆らうから 時間と金と労力がすべて無駄になる。   じゃ各カテゴリ 各商材で その売れるワード、売れないワードのデータは どうやってたどりつけるか? それは次回だ。続きを読む

ネットで稼げる理由は 売れる検索キーワードで広告出す方法

ヤフーPPC広告 やり方

  ネットで何の仕事をやるにしても、 いや、 今の時代、何のビジネスをやるにしても ネットの検索ワード、広告出稿のワードの仕組みを追求しなければ まず、金にならん。   ところが、 ネットの検索ワード、広告出稿のワードの仕組みにつき 本屋の本を買っても ネットの情報商材を買っても 肝心なところだけ載ってない、教えてくれない(笑)   今日は 初心者がアフィリエイトするために ネットの検索ワード、広告出稿のワードの仕組みにつき 一番大事なことから教えます。   それは ネットで金になるどうか?は ワードにかかってる。 ワードだけにかかってるってこと。   金になったという結果がでるかどうかは ワードに依存して その統計データは最初から決まってる   これを覚えてください。   どんな業界、どんな商材であれ すでに ネットの検索ワード、広告ワードにつき データは揃ってる、 そこに逆らったら 金にならんどころか、 金が出て行くだけになる。 アフィリエイトは コレが前提。   2個目に大事なことは ネットの副業は 無料ではできないってこと。 アフィリエイトで言えば 必ず ネット広告に金を使わなきゃいけない。   なんで? みんなで ネットユーザーを取り合いしてるという前提だから。 逆にいえば ネット広告に金を使わずに仕事をするということは 毎日毎日 自分の客を同業ライバルに取られてるという事実を絶対に忘れちゃいけない。   今日はどうもありがとうございました。続きを読む