アフィリエイト一本で副業やるな。自分の商材を売るサイトを作れ

ネット資産作りのパターンは2つある。

 

1「自分のやってる経験を反映」

あなたが法律事務所をやってるなら

今日の客の悩みを書く

今月の売り上げを書く

 

あなたがネイルサロンをやってるなら

客の爪を写真撮って インスタグラムにアップ

店ではなく 従業員でなく 個人として仕事のことを書く

 

これらがオフラインの仕事のネット集客のパターン。

 

2「他人商材を紹介」

アフィリエイトですね。

たとえば

ネット英会話指導講座の商材があれば

それをあなたのホームページで紹介するのが

アフィリエイトの仕事。

要は

企業の代理店になるのがアフィリエイトってこと。

 

ネット資産作りのポイントは アフィリエイトの弱点を知ること

 

たとえば

ネット英会話指導講座の商材があれば

それをあなたのホームページで紹介する、

あるユーザーがあなたのリンクを踏んで

ネット英会話指導講座の商材を購入、受講したとすれば?

あなたは報酬がもらえる。

 

しかし、しかしだ。

仮に そのネット英会話指導講座の受講代金が30万円だとして

あなたの報酬が1万円だったら?

 

「ネットで紹介しただけで1万円もらえるからいいじゃないか~」

誰でも思う、

だが、

ネットビジネスは そんなに甘くない。

 

・必ず自分と同じコトをしてる奴がいる法則

・売れてた商材が必ず売れなくなる時期が来る法則

・ケチな金を拾ったばかりに客が逃げる法則

 

これが存在してる。

してるから?

アフィリエイトの結果が減っていく、ゼロになる日は近いのだ。

 

冷静になって考えるんです。

 

ネット英会話指導講座の受講代金が30万円であり

あなたがネットユーザーを紹介して 金を払い

報酬が1万円だったら?

 

それは安い、

安すぎるのです。

なんで?

あなたは 英会話講座に金払ったユーザーと連絡取れないから。

 

いいですか。

大衆が求めてるのは 会話です。

会話ありきです。

「アフィリエイトの仕事をやるな」

「他人商材を紹介するセコイ仕事をするな」

と、言ってるわけじゃない。

 

アフィリエイトの仕事だけ・・

それ専門、メインになるなってこと。

もし、

あなたがアフィリエイトの仕事だけしかやらなければ

近い将来 莫大な財産を逃したことに気づくことになる。

それを忘れてはいけません。

 

もう一度いいます。

ネット資産とは 直接ゼニカネの話ではない。

ネットユーザーと交流できる場所を作り上げること、それ自体です。

 

以上

 

 

   
 

寺本考志の紹介(^O^)

【資格試験方面】

・高卒

・10代の頃は 僕が大人になったら松雪泰子さんと結婚できると本気で信じてた

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座


  【寺本コラム 講師業=ライター業は同じという考え】

会社や個人に呼ばれる仕事 誰かを教える仕事
それが成立するのは
ネットで記事を書くことです。
ネットで記事を書くってことは サイトホームページの仕組みを ある程度分からなきゃいけません。
ネットで記事を書かなきゃ 誰も自分のことに気づかないから。

ということは結局?

「ライターの仕事は 記事だけ書いてたらいい」
「講師の仕事は 人に口で説明できたらいい 集団の前で話せたらいい」
2019年で そんな単純な仕事の構図はありえない。

個人や会社に呼ばれたい?
教えたい?
自身の望みを叶えたい?
私の場合、自分でネット記事を書くしかなかった、
そう、自分で自分の売り込みするしかない時代なのだ。
オフライン(現実世界)の世界だけで必死でがんばっても無駄な時代だということだ。

  以上

今ゆったことの実体験・ノウハウで、

使えるところだけをサイト記事にしていきたいと思います。



→【寺本への仕事依頼・相談はこちらからどうぞ!】

こちら大阪ですが 全国どこの方でもかまいません。
個人・法人問わず 具体的に聞きたいことがあれば
いつでも気軽にメールしてくださいね(^O^)
いちいち言うまでもありませんが
個人情報や秘密にしたいことがあっても それ込みで相談・依頼を受けますので安心してください

 
[寺本考志のサイト紹介]

→ 宅建ブログ

→ 行政書士ブログ