個人で副業ブログ始めたが、経験・実績がないからビジネス的なことを何も書けない人へ

寺本考志です。

機密保持ってのがあるから あんまり言いたくないけど

昔 俺はあるスクールに人を連れてきてた。

同業者の客おかまいなしに 人を連れてきてた。

人を連れてきたって意味は 金払わせたってこと。

※講座の料金とか 講座の一部コースだけの料金とか

だが

私は 人を連れてきた対価として 一円ももらったことがない。

 

なんで 俺は1円にもならんのに 他人の金になるだけなのに

人を連れてきてた?

 

俺の名前を売ってたから。

シロウト時代から 自分が自分の名前を担保してたから。

上の話の続きだが

新規で講座の受講生をつれてきたとき 私はいつも言ってた

20人以上 スクール関係者がおる前で

「おい、人を連れてきたったやろ? 5万でええわ 金くれ」

デカイ声で 全員に聞こえるように。みんなを笑かせるタイミングで。

 

それは

ゼニカネじゃなく

自分の腕を見せびらかすチャンスやったってことを 当時の自分はよく分かっていたから。

 

何がいいたいか?

人は肩書きに縛られる。

私に金払ってくれる人の多くは 自営業者、企業の幹部が多いけど

肩書きに縛られてる。

それは リーマン、OLに限らず誰もが同じこと。

 

しかし どうだい?

あなたが今やってる仕事をやめたとしたら?

あなたがやったことのない新しい業界で仕事をやるとしたら?

 

一から修行?

ゼロから見習いの新人レベル?

 

「アホみたい・・」

それが怖いから新しいことができない。

なぜそうなる?

肩書きに頼って生活してるから。

会社名のブランドとか。

 

もし 今私がいってることに同意できるのであれば

「ネットでブログ始める」

「ツイッター、フェイスブック、SNSで個人情報を発信する」

「仕事しながら ネットで新しい仕事をはじめよう」

 

何も書けない、

自己PRや実績を表現するのは難しいだろう、

書けないわけじゃないけど

ネットで公開、晒すことに抵抗がある、

 

そうじゃないか?

 

まとめ

あなたは

スキルがないわけじゃない

実績がないわけじゃない

成功体験がないわけじゃない

 

オフライン現実世界で培った肩書きに捉われてるから

手が止まる、

新しいことができない、

続かない、

 

それだけが問題なのだ。

 

以上

 

   
 

寺本考志の紹介(^O^)

【資格試験方面】

・高卒

・10代の頃は 僕が大人になったら松雪泰子さんと結婚できると本気で信じてた

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座


  【寺本コラム 講師業=ライター業は同じという考え】

会社や個人に呼ばれる仕事 誰かを教える仕事
それが成立するのは
ネットで記事を書くことです。
ネットで記事を書くってことは サイトホームページの仕組みを ある程度分からなきゃいけません。
ネットで記事を書かなきゃ 誰も自分のことに気づかないから。

ということは結局?

「ライターの仕事は 記事だけ書いてたらいい」
「講師の仕事は 人に口で説明できたらいい 集団の前で話せたらいい」
2019年で そんな単純な仕事の構図はありえない。

個人や会社に呼ばれたい?
教えたい?
自身の望みを叶えたい?
私の場合、自分でネット記事を書くしかなかった、
そう、自分で自分の売り込みするしかない時代なのだ。
オフライン(現実世界)の世界だけで必死でがんばっても無駄な時代だということだ。

  以上

今ゆったことの実体験・ノウハウで、

使えるところだけをサイト記事にしていきたいと思います。



→【寺本への仕事依頼・相談はこちらからどうぞ!】

こちら大阪ですが 全国どこの方でもかまいません。
個人・法人問わず 具体的に聞きたいことがあれば
いつでも気軽にメールしてくださいね(^O^)
いちいち言うまでもありませんが
個人情報や秘密にしたいことがあっても それ込みで相談・依頼を受けますので安心してください

 
[寺本考志のサイト紹介]

→ 宅建ブログ

→ 行政書士ブログ