スポンサーリンク

アフィリエイト失敗例。間違えたブログサイトの作り方とは?

あなたがアフィリエイトしてるなら

商材選びで 広告主のサイトを見るだろう。

広告主のサイトってのは あなたが宣伝しようとする商材の

コンバージョン(問い合わせ 無料体験、販売)ページのこと。

 

そこを見て

「ええだの 悪いだの」

「売れそうとか売れなさそうだの」

 

主観で決めようとしてるはず。

だが、

そんな見方をしてる限り

一生 金は入ってこない。

 

たとえば

画像たくさん、感想たくさん、特典たくさん、

セールスレターもしっかり書いてる、

縦長のムチャクチャ長いページ構成だったら?

 

そんな広告主のページを見たらどうだろうか?

売れそうにみえるだろう。

 

だったら

商材の概要説明と値段だけ書いてる短いページ構成なら?

売れなさそうにみえるだろう。

 

大事なことは

ホームページで結果が出るか出ないかは

ページ構成ではない。

「どうやって人を連れてきてるのか?」

そこに尽きる。

 

たとえば

商材の概要説明と値段だけ書いてる短いページ構成なら?

売れなさそうにみえるだろう。

しかし、

そのサイトの商材に関連したメルマガを毎日見てる人が見たら?

 

そうゆうことですよ。

 

何が言いたいかわかりますか?

パソコン画面で 他人や自分のホームページを見てる、

ブラウザ検索が基準になって 良し悪しを決めてる、

 

それが大きな誤ち。

そこから離れることが成功第一歩

 

あるホームページを見る前の前提を追求、研究した者だけが結果が出る。

 

以上

副業教室店長京橋チカラ

タイトルとURLをコピーしました